風の時代だから、頭で考えるより直感や感覚を信じたらどうなるか試してみたい

こころ

私は守護霊やスピリチュアルなことは、肯定も否定もしていませんが、今ままでは何となく信じたらいけないような気がしていました。
目に見えないものを信じることは恥ずかしいこと、怪しい人と思われるかもと感じていたり…
私はよく直感が働きます。直感に従っていた方がよかったなとか、直感通りのことが起こったなと、「直感」がサインになるできごとがよくあることも確かでした。

直感を優先しなかった時に起きたこと

今の仕事をしながら、「もっと発信がしたい」と直感があったんですね。
でも、なぜだか怖いと思っていました。
そんなことをしていても何にもならない、現実の生活を優先しなくちゃ、悪口だって言われるかもしれないと、頭の中の考えを優先していて、直感や自分から湧き出てくる思いに従わないようにしていました。

そうすると、仕事が激減するし新しい仕事が決まらないし
何か違う気がする、そうじゃない気がすると言う
なんとも言えない違和感が、3ヶ月くらい続きました。
目的地から外れた場所をさまよってっているような、何となく不安であせるような感覚があります。

それでも、頭の中でこうするべきだ、こうした方が良いんじゃないかばかり考えてそれに沿った行動をしていきました。

直感に従わなかったために起きたこと

頭の中で考えた行動ばかりを優先していると、次第に私は何がしたかったか、何が好きだったのか。
どうなりたいのか、どこに向かいたいのか。何もわからなくなります。
自分と向き合いたくなくて、やる気、意欲、何もなくて何もしたくない、それでも仕事は見つからなくて、状況だけが一日一日と悪くなる一方でした。
仕事もお金も減って、生活していけるの?というピンチの状態に陥っていくようになります。

自分の声に従わないと守護霊は拗ねるらい

直感と言うのは自分から出てくる感覚。どうやら守護霊や見えない存在の声でもあるのかもしれないと私は思うようになります。
私に直感やサインを送り込んでくれている守護霊は、自分を楽しませるために導いてくれているのに、それに従わなかったら拗ねることがあるという情報を目にしました。
私のために計らってくれているのに、それに気づかなかったら
「もういいよ」と思ってしまうらしい。
私はやりたいことや自分自身がわからなくなってしまった状態は、まさにその状態なのではないかと思いました。

もし私が守護霊さんの立場だったら、
その人のためを思っているのに、受け入れてくれない、そうじゃないと言われたら
そりゃ拗ねるよね。と感じました。

直感を信じることで状況が良くなっていくのか自分実験

あれこれと直感を働かせてくれていたこと、今までありがとう。気づかなくてごめんね。と素直に伝えたい気持ちになっています。
私のそばにいてくれる、見えない存在があることを素直に受け入れて、これからは大切にしたいと思います。
今まで無視してきた直感や気持ち。いくら怖い、無駄だと思っても従ってみるとどうなるのか、自分実験をしてみたいと思います。
もし上手くいかなかったら、思考で考えたリスクを回避した行動や無難な選択を優先する方が良いかもしれない。直感か思考か、私にとってどちらの方がより良いのか最終決着のつもりで行動していき、行動記録をこのブログに記していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました